逍遥游

自転車に乗ったり、PENTAXでブラパチしたり……。

フリーペーパー ハンケイ500m

一日はざみに買物に行っているスーパーに 「ハンケイ500m」という京都市内対象と思われるフリーペーパーが 置いてありまして、2ヶ月に一度新しいのが出たら必ず持って帰るようにしています。 この手のフリーペーパーも電子媒体の普及で少なくなっていると思…

コロナのお盆

今日も厳しい一日でしたが、夜明け前には近くの林でヒグラシが鳴き わずかづつでも季節の動いているのを感じました。 お盆ですが、老母はデイへ。 母のいない間だけ仏間を開けて仏壇を開き、そなえものを並べております。 仏壇を開けておくと、よからぬ妄想…

思ひ出の旅Ⅷ

子どもが小さかったときは毎年春と秋に蓼科のペンションを拠点に 信州をぐるぐるまわって楽しんでいました。 その子たちも巣立ちましたが、老母の介護があるので しばらくは楽しみの再開も封印状態です。 そのペンションは家人の友人のご両親が経営されてい…

気息奄々

夏山とかはどうなっているのかな こちらは地べたで気息奄々ですが でもなんとなく秋の気配も感じる気が……。たぶん気の迷いです。 さて、この夏は四書のうち「大学」と「中庸」をしっかり読んで見ようということで これまた例によって匍匐前進しております。 …

準備中

思ひ出の旅Ⅶ

今回は2008年の秋の旅です。 まずは東名阪から伊勢湾岸道を経て知多道を使って半田へ。 それから陸路豊橋を経て渥美半島へまわって先端の伊良湖岬で一泊。 翌日はフェリーで再び知多半島に渡って帰って来ました。 初日は半田の新美南吉記念館がメイン。 記念…

好きな街角

この時期京都の町はよう歩けませんが ストックした写真から……。 河原町通りで今出川から二筋ほど下がった東側です。 もとは医者かそれとも写真館でしょうか。 2階の窓の取り方からするとスタジオのようですが……。 全体をみるとなかなか素敵な建物です。 こ…

思ひ出の旅Ⅵ

赤い電車の旅が続きます。 昨日と同じく1991年の夏は、岐阜からさらに奧へとへ足を伸ばしました。 近鉄大垣から岐阜へ、さらに名鉄に乗り換えてたどり着いた終着駅が本揖斐。 夏のあついさなかに、古い町並みを散策し、揖斐川にかけられた簗も見物しました。…

思ひ出の旅Ⅴ

今回紹介するのは、1991年の3月梅の頃に行った三河路の旅です。 この時は豊橋に一泊して、飯田線に乗って初日は花祭りの里東栄町へ 翌日は渥美半島西へ豊橋鉄道に乗って終点の田原まで行きました。 朝の内に豊川稲荷をざっと見物し、再び車中に。 初めて乗っ…

書斎の王様

夏休みは本読みに限ります。 漢文に疲れたら、エアコンのやんわり効いたソファーで本読みです。 納戸の本棚から岩波新書を数冊持ち出しました。 小生の年代だと岩波新書は青版から黄版に移り、その全盛期だったと思います。 数々の良作、話題作がでて、しか…

思ひ出の旅Ⅳ

これはちょっと古いですね。 1992年の3月と記録があります。 小生近江八幡に住居していた時は、「地の利」を活かして よく中京圏へ足を伸ばしました。 へっ?と思われるかも知れませんが、信長が安土に城を築いたのも むべなるかなと感じた次第です。 車内で…

思ひ出の旅Ⅲ

旅行の写真はたくさんあるのですが、ほとんど紙焼きで ここ数年は介護のこともあってほとんど遠出が叶わないので ある分から拾ってみました。 *長崎の旅の拠点は浦上でした。滞在中は朝のミサにあづかりました。 *掘り割りには潮が上がってきていて、ボラ…

三條大橋の擬宝珠

*写真説明は末尾に 寺社を訪れたとき、燈籠や梵鐘、鰐口や欄干擬宝珠の類いに接すると どうしてもそこに刻まれた銘文を読んでみたくなるのは小生の身についたクセです。 先日瀬田の唐橋を渡ったときも、擬宝珠の刻銘をざっと読んで見ました。 もちろん唐橋…

八月の夜明け

久しぶりに河原畑を通って湖畔へ……。 通り道の干上がりそうな野壺(死語)のなかの亀(イシガメ)は まだ出られないが、生きていました。どうして落ちてしまったのか 己の身の不運を呪っているでしょうか。 拾って川にでも放り込んでやればいいんですがね。 …

おもひでの旅Ⅱ

第2弾は「北前船船主(ふなぬし)の旅」 北陸自動車道を走って一路北へ。 北前船の寄港地を尋ねる旅でございます。 敦賀に始まり、三国とか橋立なんかですね。 敦賀からは地道に降りていわゆる「越前海岸」にそって 走るときもありました。 日本海側は夏でも…

ようやく明けた

梅雨はやはり明けたらしい。 今朝方までの湿気は嘘のようです。 それにしても今年は酷い梅雨でした。 自転車に跨がって県都へ、葉茶屋で「上青柳」と急須を購入。 いただいた煎茶がすこぶるおいしかった。 気をよくして高級煎茶を買って帰っても、こうおいし…

おもひでの旅1

今日梅雨明けでしょうか……。 *懐かしの信州旅行(麦草峠にて) 国道上の峠としては全国第2位の標高で、 夏なのに寒いほど、ポテチの袋がパンパンになりました。 クルマはシトロエンのクサラ 今見ると素敵な色。よく壊れましたが……。 *八ヶ岳の麓、前方の森…

行きたい所3ケ所

行きたい所3ケ所 ①諏訪片倉館千人風呂 ②小谷温泉山田旅館 ③小諸市動物園 あー信州行きたいなー *2003年 諏訪大社上社近くにて

極私的防湿庫

湿度は連日90パーセントを超えています。 さすがにカメラとレンズの湿気対策をしなくっちゃ といっても防湿庫を買う余裕はないので、基本は100均のタッパーとシリカゲルですが 手乗りカメラのPENTAX Q7ならこんな芸当も……。 *ジャムの壜と味付海苔のプラ容…

ドラム缶萌え

ドラム缶置き場に行ってみたい。 温まったり冷やされたりして、一人でつぶやいているに違いない。 マスク姿がまた増えてきました。

拒絶反応

昨夜は以前の職場の後輩と、スカイプで久しぶりの会話を楽しみました。 ただ、半時間くらいのつもりでしたが、1時間以上になり、 仕事の話になると、なにか真剣になってしまって、 途中からなんとなく調子が悪くなりました。 軽いフラッシュバックというや…

今たべたいもの三つ

①重盛の人形焼き ②弁松の並六 ③神馬堂のやきもち 以上

近世畸人傳の序を読んで見る

暇なので、好きな本のなかから『近世畸人傳』(岩波文庫)を引っ張りだし さらに暇なので、その序をながめております。 じつは序は読んだことはありませんでした。 訓点が入っているからといって、すらすらとは読み下せません。 「鶉居鷇食以頤志、牆東竈北…

梅雨明け目前

そろそろ梅雨明けでしょうか? 陽が差しています。 湿気はすさまじいですが……。 朝から市役所へ、自転車に乗るのは何日ぶりでしょう。 半世紀前のマイクロニッコール。顕微鏡みたいな……。 こちらは手乗りカメラ

青木正兒を読んでいます

なにかわかったようなことを書くわけではありません。 表題の通りで、ぼちぼち読んでいます。 青木 正児(あおき まさる、旧字体:靑木正兒、1887年(明治20年)2月14日 - 1964年(昭和39年)12月2日)は、大正から昭和中期の中国学者・中国文学者。山口県下…

雨の日は雨を聴く

よく降ります。 小生、だいたい夜は9時すぎにはカラータイマーが点滅して就寝。 まだ夜も明けぬ4時には起きてしまいます。 近頃はこの時間を使ってネットでポアロを見ます。 1時間半の番組ですが、引きつけられ 謎解き以上の面白さ、映画を見終わったとき…

工具書

漢文の勉強〈真似事です〉をするようになり俄然手にする機会が増えたのが 辞典です。 その方面では辞典〈字典〉の類を「工具書」といいます。 なにやら大工道具のようです。 今はネット上で便利な「串刺し」サイトもあるわけですが 紙ベースの辞典はやはり不…

わが家の Go To

夜半に雷をともなったまとまった雨を頂いたおかげで 琵琶湖周辺は一気にクールダウン。 今日はなんとか過ごせるくらいの気温に戻りました。 エアコンを掛けずに過ごせるのはありがたいです。 暑いのは大の苦手ですが、エアコンは身体に合いません。 そんなこ…

最近お姿を見ませんが……(両陛下と 首相)

他意はありません……。 さて、コロナ禍の影響かと思いますが、わが家の取っている新聞の広告 近頃はちょっとどうかなと疑問符のつくような通販が 半面・全面の広告になってます。 広告代もダンピングしているのでしょうが、それでもね 気合いの入った広告に近…

日に焼けました

前期最後の授業のレジュメを作成して投稿。 テキストだけじゃなく画像を入れたり映像をさがしてリンクしたり すこしでも興味をもってもらえるように努力しましたが さすがやはり対話がないのは疲れました。 後期も多分この調子でしょうね。学生さんも気の毒…