引き続き蒸し暑い

蒸し暑いですね。

昨日は意外に天気がよくて、しまった

傘が無駄になったなと思っていましたが

帰り際にざーっと降りました。

授業には浴衣姿の学生さんもありましたが

宵山の人の出は出鼻をくじかれた感じだったでしょう。

実際蒸し風呂のような状態で、寄り付いたこともありませんが……。

そして今朝は毎年のようにKBSのテレビ桟敷で村上せんせの解説で巡行見物。

去年もおんなじことを書きました。

毎年、同じ日に、同じ事をする、できる、というのは結構なことです。

 

 さて、昨日買った本は

『夷斎座談 石川淳対談集』中公文庫 1977

石川淳というと、ちょっととっつきにくい作品が多くて

読み切れないこともあるのですが、

はじめてその名を知ったのは、学生時代に鷗外選集の編者としてで

編者なのに、解説をかいているわけではなく、なんでだろうという感じでした。

(まるで作品のような長大な解説は、小堀桂一郎の手になっています)

 

対談相手はみんな綺羅星のようです。

たとえば、武田泰淳花田清輝三島由紀夫川端康成安部公房吉川幸次郎丸谷才一佐々木基一中野重治……。漢文脈の人も多く入っています。

うーん「文人歓談」という感じです。

上下2冊ですが、これは読み切れそうです。

装丁もいいし、このころの中公文庫は光り輝いています。

こういうのがちゃんと売れる社会でもあったということで

やはり、よい時代だなと思います。

 

ところで梅雨は明けたんかな?

 

*へこたれているのは人間だけ、夏草は元気ですな

 「北白川にて」、なんていうとちょっと値打ちが出ます。

f:id:koganemaru59:20190717084152j:plain

 

 

 

 

「川向こうのことは存じませんけど」の「川」って……。

昨日は午後京都へ。

邪魔やなと思いつつも、この時期は傘が手放せません。

日中はよく晴れましたが、夕方やはり降ってきました。

 

昼食後午後の授業までに善行堂へ一っ走り。

こういう時自転車がデポしてあるのはすこぶる便利です。

均一台で森銑造『明治人物夜話』(単行本)購入。

姉妹編『近世人物夜話』は文庫本で所有していますが

やはり装丁がしっかりして、活字の手触りもよい単行本は格別です。

いつもながらの逸事による人物伝。狩野芳崖とかべらぼうに面白い。

こういう本は飽きるということがありません。

 

私は古本好きだけどいわゆる「愛書家」ではないので

ずらりと並んだ素敵な古書は指をくわえるのみで、

たいていオモテの均一本で間に合います。

古書店はその店のお好きな分野でない方面の本がお買い得かな。

 

昨日の授業の先生。どんどん脱線して。

京都人とのつきあい方の注意点を事例を挙げて解説。

よっぽど酷い目にあわはったんですね。

夏休みももうすぐです。

 

f:id:koganemaru59:20190713085255j:plain

 

めかぶ温玉うどん

七分くらい咲いた百日紅

雨の重みでどれもたわんで危なっかしい。

やっぱり梅雨は明けてませんでした。

 

京都での昼食は生協で定食をとりますが

家にいるときは麺類にしています。

運動量が少ない日は食事も軽めを心懸けています。

今日は細うどんをフライパンで湯がき、どんぶりに上げ

上にメカブとレンジでチンした卵を乗せ

伊勢うどんのつゆを軽くかけたもので済ませました。

なかなかいけますよ。

 

午後、宅急便で頼んであった大修館の広漢和辞典が到着。

大漢和まで揃えられませんが、

ハンディな辞書ではやはり物足りなくなってきました。

ずっしりと重い全4冊のすばらしい辞典が、ヤフオクでわずか2000円です。

ほんとに、うーむ。とうなってしまいますね。

死ぬまで使えます。

 

*梅雨の合間に

f:id:koganemaru59:20190711171159j:plain

 

 

 

中休み?

梅雨の中休みでしょうか。

山鉾巡行まで一週間となりました。

授業で大村しげのエッセイ「祇園祭」を取り上げました。

京都庶民の「おかず」を「おばんざい」といって広めたのは

京都育ちの老母に言わせると「功罪あいなかば」らしいですが

山町鉾町でない町の人がみる祇園祭が描けていると感じました。

今の学生にニュアンスが伝わるかどうかというと……。

試し引きの時に行ってみたら、とアドバイスしましたが

行かないでしょうねぇ。暑いし。

そういう私もいきませんし。

とか、いうてたら祇園町は火事やったらしいですね。

 

なお、その授業で使った映像にyoutube のこの映像があります。

京都・西陣の一日 - YouTube

どこも私もよく走る道ですが、面白いですね。

学生時代に親しんだ西陣は、まだマンションもなく、

機の音が路地のあっちこっちから聞こえてましたが今は稀になりました。

映像の中で出てくる町家は今流行のゲストハウスでしょうか。

主屋から離れにつながる廊下の感じはなつかしい。

民宿風に余り手を入れず使っているのならよいですね。

最近よくいうリノベーションとかなんとかいうのは、なんともえずくろしい。

 

そうそう、上記の映像のBGM どこできいたんやろと思ってたら

ああ、「ニューシネマパラダイス」ですね。

イタリアの田舎町と西陣がなぜか違和感なく(笑)

 

 

f:id:koganemaru59:20190710134935j:plain