ゆるり旧街道

お昼に歯医者に行き、その足で電車に乗って隣町へ。

旧街道をJRの駅一つ分歩いてみました。

歩いているといいのですが、止まると肌寒い。

そんな天気です。これからいよいよ冷えてくるようです。

 

おっさんが首に安いカメラ(当社比)をぶら下げてウロウロしているのは

それだけで十分怪しいのですが

東海道を探訪している旅人と見れば、まあ見逃してくれそうです。

旧街道は京阪電車と平行するように進むので、ときどき電車をパチリ。

最後は二駅だけ乗ってみました。

民家の軒先をかすめて走るローカルライン。

ほとんどの駅が無人になり、朝夕をのぞくと乗客は高齢者が多いです。

でもこの頃のJRの駅は列車の通過が早すぎて怖いくらいですが、

こちらはいたってノンビリで、たまに乗ってもなにやら旅心地がします。

 

東海道をまたいで走る「かわらがはま」と読みます。膳所城下です。

 どうでもよいことですが、私はこのあたりで生まれたようです。

f:id:koganemaru59:20181120153111j:plain

 

*途中古い城門の解体修理をしているのに出会いました。本多侯の「立葵」です。

 葵の葉がハート形をしている、真ん中の軒丸が古そうです。たぶん17世紀なかば。

 本多氏の二度目の入封直後くらいかな……。

f:id:koganemaru59:20181120153319j:plain

 

*マスクをした運転手さんは上の電車とおなじかな。

 旧カラーの車両です。この辺りの景色はあんまり変わりませんねぇ。

f:id:koganemaru59:20181120153338j:plain