滋賀県立美術館の休館はいつまで・・・

滋賀県立近代美術館の休館状態がとても長く続いています

新生美術館構想も頓挫。

知事さん、いったいいつまでほおっておかれるのでしようか。

直接的な原因は「もちまわり国体」ですが、それはそれとして。

お隣の県立図書館も「天下の滋賀県立図書館」といわれた図書館も

このところカネが入らずしょぼくれ感に覆われています。

 

貧すりゃ鈍するで、仲間内の争いのようなことはしたくはありませんが

一方で舞台芸術の殿堂として大金を維持運営に投じているびわ湖ホールがあります。

すばらしいこととは思いますが、本末転倒という言葉がよぎります。

文化財保護や観光的な効果も含めて、

延々と美術館を閉めておくことのデメリットははかりしれないと思います。

 

個人的には近代美術館の「近代」をはずして、厚みのある歴史美術から現代美術まで

を扱う(現実にはそうでした)「県立美術館」として再生するのがよいと思うのですが、気運が高まったかと思ったときに決まって財政難です。

どうなんでしょう。困ったものと思います。

マスコミもほとんど取り上げません。

建物だけじゃ無くマンパワーも途切れてしまいます。

そこで、こんなグチが出て来ます。

 

まことにもってもったいないことですが、

もしかして、ミホ・ミュージアムがあるからええやん・・・

ということじゃないでしょうね。

 

*お疲れです。こんなときは補中益気湯です(人間の場合)

f:id:koganemaru59:20190912062847j:plain