引き続き蒸し暑い

蒸し暑いですね。

昨日は意外に天気がよくて、しまった

傘が無駄になったなと思っていましたが

帰り際にざーっと降りました。

授業には浴衣姿の学生さんもありましたが

宵山の人の出は出鼻をくじかれた感じだったでしょう。

実際蒸し風呂のような状態で、寄り付いたこともありませんが……。

そして今朝は毎年のようにKBSのテレビ桟敷で村上せんせの解説で巡行見物。

去年もおんなじことを書きました。

毎年、同じ日に、同じ事をする、できる、というのは結構なことです。

 

 さて、昨日買った本は

『夷斎座談 石川淳対談集』中公文庫 1977

石川淳というと、ちょっととっつきにくい作品が多くて

読み切れないこともあるのですが、

はじめてその名を知ったのは、学生時代に鷗外選集の編者としてで

編者なのに、解説をかいているわけではなく、なんでだろうという感じでした。

(まるで作品のような長大な解説は、小堀桂一郎の手になっています)

 

対談相手はみんな綺羅星のようです。

たとえば、武田泰淳花田清輝三島由紀夫川端康成安部公房吉川幸次郎丸谷才一佐々木基一中野重治……。漢文脈の人も多く入っています。

うーん「文人歓談」という感じです。

上下2冊ですが、これは読み切れそうです。

装丁もいいし、このころの中公文庫は光り輝いています。

こういうのがちゃんと売れる社会でもあったということで

やはり、よい時代だなと思います。

 

ところで梅雨は明けたんかな?

 

*へこたれているのは人間だけ、夏草は元気ですな

 「北白川にて」、なんていうとちょっと値打ちが出ます。

f:id:koganemaru59:20190717084152j:plain