おっと涼しい

朝から老母の不穏が爆発。

先週から手を焼いています。

なんとかデイに送り出し、やりきれない気分のまま京都へ。

 

百万遍大学で例によって「地下壕」にもぐって古書の香りを存分に吸収。

なんとか気分転換。はぁ。

午後2時頃からはデポしてある自転車に跨がって洛中古本屋めぐり。

今日の拾いものは、前久夫『京が残す先賢の住まい』1989年、京都新聞社

 

近現代京都にゆかりの学者・芸術家・政治家・官僚・実業家……。

職業は多岐にわたれど。それら先賢の愛した住まいを訪問する。

京都新聞の記事をまとめなおしてものです。

建築史家の筆になるのでしっかりしていて読みやすい。

手軽な感じですが、よい本です。

ただ装丁がちょっとタイトルと合わないような気がします。

手にしたときは何の本だかぴんときませんでした。

それにしても「先賢」という言葉も縁遠い世の中になりはてましたね。

 

そのほかは

武内義範梅原猛編『日本の佛典』中公新書1969年

これは梅原先生のサインいりでした。当時はまだ立命の教授ですね。

謹呈の相手は、当時同じ立命にいた淡川康一。

このほか中公の世界の名著『諸子百家』。全部合わせて1000円也。

 

今日の京都は先週とは打って変わっての涼しさでした。

 

*心の奥底には、いったいなにがあるのかな。

f:id:koganemaru59:20190913195752j:plain