本で避暑

この夏一番は二番になり、その一番はまた……。

天気に文句を言っていても仕方がないのですね。

こういうときは、涼しい部屋で、本でも読んで……。

書棚から引っ張り出してきたのは、みすずからかつてシリーズ化されていた

池内紀の仕事場。そのうちの「自由人の暮らし方」。

見返しに鉛筆で書いたメモをみると2005年に買って、二度くらい読んだかな。

表題作には岩本素白野尻抱影、内田百閒、吉田健一長谷川四郎、小林太市郎が登場。

こういうところから興味がわいて、作家に傾倒していくという感じでしょうか。

素白先生の文は季節でいうと晩秋から冬かな。目の前のバスに飛び乗っていく「散歩」。関東中心ですが、京都の旅の随筆もいいですね。

作家ではありませんが、京都の美術史家小林太市郎は大いに興味がわきます。

著作集を読んで見ましょう。

 

f:id:koganemaru59:20180724191737j:plain