逍遥游

自転車に乗ったり、ブラパチしたり……。

ブルブル

昨日は勤務校の図書館へ。

寄贈本のダブリなどを一冊持って帰ってよいコーナーが常置されていて

毎週一冊ずつ頂いて帰ります。

 

昨日は渡部保『日本の舞踊』岩波新書1991。

何度か増刷されていて、読まれ続けていることがわかります。

なかなか面白い。

 

演者の身体を通して、その奧に見えるものがあるとすると。

そして気がこの世界に形をとって現れたのが身体とすると。

踊りや舞いはその気の「身震い」のようなものなのかな。

 

*いつもの散歩道で、これはなんの気?

f:id:koganemaru59:20200111121144j:plain