全訳漢辞海 小型版 が出た!!

朝から半年に一度の歯の定期検診(結局悪くなる前にメンテナンスでがいちばん)へ。

帰りに地元の本屋によったら、やや、漢和辞典の『全訳漢辞海』第四版

その小型版が登場していたので、即座に買い求めました。

 

普段使っているのは三省堂『全訳漢辞海』第三版と

改訂新版がでて今では一世代前になった角川『新字源』改訂版。

どちらもいい辞書ですが、外出するときは軽いので主に後者を使っています。

『漢辞海』の小型でしかも革装がでればいいのに・・・と思っていたので

今回その願いの半分がかなえられました。

A6変形判、革装の雰囲気のあるビニル装も決してわるくありません。

手持ちの3冊並べてみると(下部写真参照)、こんな感じです。

さっそく500.1000.1500頁のところに目印の付箋を貼り付けました。

うーん、老眼にはちょっとだけ字が小さいかな・・・。

 

小型漢和辞典は万能ではありませんが、いちばんよく使うので数冊もっています。

もちろん手書き入力できる電子辞書も・・・。

でも紙の辞書が好きなですね。

個人的に紙面設計がいちばんいい(引きやすい)と思うのは

『全訳漢辞海』の第三版ですが(四版はちょっと窮屈になりました)、

旧版の『新字源』も単色ながら目に優しく、ツメに頁数が入っていて引きやすい。

年表も読んで楽しく、もちろん中身も定評があるものですし・・・。

 

高校で漢文を習わなくなったら、たぶん漢和辞典のほとんどは絶滅でしょう。

 そんななかで、大字版・机上版・並版・小型版とフルラインナップです。

漢辞海がよほど売れたんですね。

これからは新旧二冊体制で、がしがし使いますぞー!

 

ちなみに、お世話になっている先生は、

「辞書なんてどれでもいいんですよー」などと仰います・・・ハァ(苦笑)。

 

f:id:koganemaru59:20190819133531j:plain