しぶちん京都

二週間ぶりの百万遍

エアコンの効いた地下図書館で昼までしっかり勉強。

昼前に自転車で出町の古本屋へ。

井原西鶴武家義理物語』、同『武道伝来記』

郭 沫若『歴史小品』、幸田露伴『連環記』、いずれも岩波文庫を購入。

台風のもたらすらしい湿気の多い風が吹いています。

賀茂大橋のたもとで、フランス語を話す旅行者に

おいなりさんへバスで行きたいと声をかけられる。

ちょうど京阪の出町柳駅近くなので、サブウェイといって指さしたが、

どうしてもバスだという。バス一日券をもっているのでしょう。

路線を頭に描いたが、うーん「あきまへん」というておきました。

「しぶちんしてんと電車で行きなはれ・・・」とはフランス語では言えませんな。

午後も涼しいお部屋でお勉強。滋賀へ帰ってきたら温感蕁麻疹がわっとでました。

 

*ナマ足失礼します たぶん髙野川側の方が水は冷たいでしょう

f:id:koganemaru59:20190806172853j:plain