三寒四温

今日は漢文塾のため入洛。ときおりぱらつきましたが、

外を歩いているときは、日差しもあり、

このところのばたばたから離れてちょっと一息つきました。

京都ではいつものように京大でお昼ご飯を食べ、

予習をしてそれから塾へ向かいます。

途中善行堂で本を2冊。1冊は東洋文庫版の『鳩翁道話』。

もう一冊は先日よんだ『やちまた』の足立巻一の『虹滅記』。

著者のなき祖父と父を中心に据えたいわば近代の家の記録。

著者の対象への執念はこの本でも炸裂していて

読み始めたら延々止まらなくなるので、今夜は無理矢理頁を閉じました。

 

老母の術後は高齢のためなかなかリハビリが進まず

筋力の衰えが心配なところです。

今の病院から、近所のリハビリ病院へは来週ようやく転院となるので

そこから三ヶ月、なんとか回復してもらいたいと思っています。

自宅にいるときは、常に母を意識していなくてはならず、

それもくたびれましたが、いないとなると、緊張がくずれ調子が狂いますね。

 

夜になってまた雨音がしてきました。

 

*病院からのながめ

f:id:koganemaru59:20190308155306j:plain