森へでかける

もとに戻ることを期待していましたが

母のようすは一段階進んだかなぁ、というかんじです。

だれと交信しているのやら。

世界がどんどん狭くなっていくのを感じます。

午後は雨になりそうなので、昼までに買い物と

久しぶりに自然園に散歩に行ってきました。

里山の自然ですから、目を見張るようなことはまったくありませんが

それぞれが精一杯生きているのを実感すると

ほっとしますね。ま、そんな感じでしょうか。

漢文自習は「貞女論」へ。

その合間をみて、大谷晃一『大阪論 文学編』を読みました。

タイトルや、文庫版の装丁をみる限りでは

読者は中身の「まじめさ」にびっくりするかも。

もともとはノアの本ですから。

近頃毎日新聞では、盛んに大阪文学の見直しを訴える記事が続いてまして

こういう本もまた読み直されるかもしれません。

 

*森への道

f:id:koganemaru59:20190203205203j:plain

 

*これはかわいい

f:id:koganemaru59:20190203205140j:plain

 

*昨夏の台風でこの森も多くの倒木があったようです

f:id:koganemaru59:20190203205222j:plain