静かな京都

秋でしょうか。

老母をデイサービスに送り出してから、

電車に乗って京都へ。

 

京都駅から北へ歩き出し、はじめて枳穀亭へ行ってみました。

広大なお庭はどこか大名庭園にも似て大味ですが

せせこましい下京にいることを忘れさせるものがありますね。

 

「枳穀亭」というと「お東騒動」という言葉が浮かびます。

同類のお家騒動はどこの教団や本山にあるようですが

さすがにお東さんはそのスケールも違ったようです。

ま、庭園は庭園として楽しみました。

いただけるパンフレットもとっても立派です。

 

さらに北へ歩を進めて、本当に久しぶりに四条から河原町をあるきましたが

河原町通りの荒廃は目に余るものがありました。

御池から寺町に入って北へ、夷川を西に行って

烏丸から地下鉄東西線で帰りました。

汗はかきましたが、もう8月のような猛暑にはなりません。

関空があんなことなので、外国人の姿もまばら

少し前の京都にもどったような静けさでした。

 

一昨日から聊斎志異を読み始めました。もちろん訳ですが

面白いものですね。

妖鬼や狐など人間で無いものや他界のモノと人間の交流が

次から次へと記されています。

荒唐無稽のようですが、しばらくすると

違和感がなくなり、こちらのほうがむしろリアルに感じてくる。

読み継がれてきた理由でしょうか。

 

*枳穀亭にて

f:id:koganemaru59:20180911174557j:plain

 

仏光寺にて、お茶所がカフェになっていました。

 法要案内の字がまるで高校生でした。要修行!(笑)

f:id:koganemaru59:20180911174735j:plain