花火の夜

昨夜は涼風が吹き、過ごしやすかったですね。

恒例のびわ湖大花火を見物にいった人達も、涼しくてよかったでしょう。

もともと夏休みはこんな感じだったんですがね。

花火の音は自宅からもよく聞こえるのですが、

大きな建物に遮られて残念ながら見えません

昨年まではテレビで見ていましたが、今年はそれもやめて

窓から吹き込む風にあたりながら本を読んでいました。

 

このところ夜に読むのは、鴨長明の発心集。

鎌倉初期の仏教説話集ですが、登場人物も変人もいて、人間くさいお話が多いですね。

たぶん長明自身の屈折した人生経験による選択かなと思います。

いろいろあって出家して仏道修業するけれど、根っこはいまでいえば「作家」

じたばたしながら、選り集めた説話をまとめたので

自身の意図はともかく読み手としては「噺」としては面白いのかなと思います。

古い角川文庫版で、原文と簗瀬一雄先生の現代語訳の2部からなり

文庫としても結構大部なのですが、簗瀬先生の解説の口調もなかなか親しみやすい

漢文はどうしても天下国家を論じて、殺伐とした話題が多いので

ときには和物でくつろぎたくなりますね。

 

f:id:koganemaru59:20180810083720j:plain