雨後疾走

朝方に雨も止み、晴れ間ものぞいたので、

久しぶりに軽い自転車を引っ張り出し、50キロほど走ってきました。

今回の豪雨は京都の北山から湖西、湖北へと帯状に降り続いたようです。

野洲川の河口をのぞくと、源になる鈴鹿方面はさほどではなかったらしく

おもったほどではありませんでしたが、泥の臭いが橋の上まで上がってきて

ここ数日の降雨の異常さを感じました。

湿気は高いですが、走っていると、冷たい空気の塊のようなものに、

時々すうっと入り込むことがあり、これが汗を抑えてくれます。

被災地の方には申し訳ありませんが、久しぶりに身体のこりがほぐれました。

 

*比良山にはまだ雲がかかっています

f:id:koganemaru59:20180708121616j:plain

*帰り道にとんでもない字名を発見しました。

 孔子孟子で「孔孟」。すごい。

f:id:koganemaru59:20180708121731j:plain