暇にまかせて

時折激しい雨音に頭を上げ、窓の外を眺める一日でした。

外に出掛けるわけにも行かないので、漢文の自習をして過ごしましたが

さすがにくたびれたので夕方から、字典を引かなくても楽しめるものと思い

張岱の『陶庵夢記憶』松枝茂夫訳 岩波文庫を読みました。

訳者のやや長文のまえがきと自序が、よきガイドとなっていて

原文は相当に難読のようですが、すーっと読めてありがたいことです。

 

カバーには

張岱は明末清初の文人・史家、号は陶庵。明朝瓦解までの前半生、およそこの世

にある美しきもの、楽しきもの、愛すべきものはこれをとことん貪って飽くこと

を知らなかった。窮迫の後年、若き日の「美しきかりし夢」を追憶して成ったの

がこの一書云々とあります。

炊飯器から上がる湯気の音を聴きながら、しばらく読み続けましょう。

 

f:id:koganemaru59:20180620172630j:plain