冷えてきた

良い天気が続きます。

昨日出かけた京都市内はものすごい好天でした。

出町の古本屋さんで、捜していた「儒林外史」を100円で見つけて大喜び。

ほかにも数冊買い込んで賀茂大橋を渡ると正面に大文字があるわけですが

あれほどクッキリと見えるは初めてでした。

そのぶん朝夕冷えてきました。

いや朝夕どころか、日中から少し影に入ると寒いくらいです。

 

ほんとうに月日の経つのは早いです。

数日すれば還暦を迎えます。

後ろの締め切りは天命ですから、わかりませんが

うかうかはしていられないなぁ、というのが偽らざる気持ちです。

 

*旧街道にて、子どもの頃からずっと歩いてきた道です。

f:id:koganemaru59:20191106123911j:plain

 

 

 

 

二条駅を起点に

お昼前に入洛。二条駅で降りて、聚楽廻から白梅町界隈まで、北へテクテク。

このあたり西陣から続く人家密集地域ですが

もとは平安京の大内だったところで、

「右馬寮町」とか、地名もなかなか立派です。

それにかつて郊外だった頃の気配もどこか感じさせる所がありますね。

2時間ほど歩いて、夕方からの授業へ。

日が暮れると、もう肌寒いくらいです。

 

二条駅の北西にちょっとした「商店街」が

f:id:koganemaru59:20191104192527j:plain

 

*このあたり平安京のど真ん中です

f:id:koganemaru59:20191104192539j:plain

 

*深まる秋

f:id:koganemaru59:20191104192548j:plain

 

*北野天神御旅所にて

f:id:koganemaru59:20191104192815j:plain

 

 

寺町散歩

好天でした。朝早くに老母の買物を済ませて京都へ。

外国人観光客でごったがえす京都駅をあとにして

いつものように阿弥陀式で北上、五条から寺町に入って

古書梁山泊で中国学関係書を物色。

 

学校博物館を見学し、さらに北へ。

ごったがえす錦を横目で殺して、三条から、丸太町を過ぎ

御所まで上がって、新島記念館、京都市歴史資料館を見学。

ここまでくると少し人通りも落ち着きますね。

 

再び寺町を下がって、

ほんとうに久しぶりに三月書房を冷やかし、

ブションでランチと思いましたが、さすがにこの時期、

行列がすごくてあきらめ、近所のコンビニのおにぎりで遅い昼食。

下の御霊さんと革堂で時間をつぶして、

3時からはギャルリー宮脇で巖谷國士先生のお話を聞きました。。

相変わらず全開の巖谷節を堪能。

 

ちなみに、帰宅後万歩計を確認すると、13,860歩とカウントされていました。

 

*学校博物館の2階から。この辺りの町家もいつまであるかわかりませんね。

f:id:koganemaru59:20191102195404j:plain

 

*下の御霊さんはあいかわらずのヤレ具合ですが、この肉厚の漆喰がたまりません。

f:id:koganemaru59:20191103130917j:plain